5年ぶり改定の内閣府「少子化社会対策大綱」にJUNOALLの要望が取り入れられました

令和2年5月29日、「少子化社会対策大綱」の改訂が閣議決定されましたが、
特に重点課題として「結婚を希望する者への支援」が明記されました。

<内閣府 少子化社会対策大綱>
https://www8.cao.go.jp/shoushi/shoushika/law/taikou_r02.html

政府が大綱で「結婚」にまで踏み込むのは初めてとなりますが、
JUNOALLはかねてより、行政による結婚支援の拡充等を、
少子化克服戦略会議における提言や政府への要望として申し入れてきました。

今回の大綱では「地方公共団体による総合的な結婚支援の取組に対する支援」や、
「NPOを始めとする民間団体との連携強化」の必要性が明記され、
JUNOALLの要望が取り入れられた内容となっています。

<「結婚」支援に関する内閣府への要望書(PDF)>

JUNOALLは今後も政府・自治体と協力し、
独身男女の出会いを通じて社会に貢献してまいります。